読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170517_規則正しい生活

おれも皆さんと同じで、規則的な生活が苦手で、かなり適当に生活している。起きた時間に起きて、眠くなったら寝る。休む日と仕事をする日を厳密に定義せず、行き当たりばったり。我慢をしなくていいから短期的には心地が良いのだけれど、何か行動を起こす際の動機を感情やそれに基づく自分の意思決定に求めている分、精神的に疲れる。恐らく、一般に人は、自分の内部発信ではない、外部要因により行動を制御したほうが、精神的には楽。もちろん程度の問題だが(刑務所とか嫌だ)、少なくとも内部要因と外部要因を効率よく合理的にミックスすることは肝要。

人間には、左利きと右利きのように、夜型・朝型というのがあるらしい。頭と身体が活発に動く時間帯が、人によって異なる。多くは朝型だが、1〜2割程は夜型がいるらしい。おれは明確に夜型。仕事のコアタイムは24-28時。論理思考もポジティブ思考もこの時間が最高値。更に明るい部屋じゃダメで、15畳ぐらいの部屋でIKEAの1番小さなスポットライト1つで過ごすのが至高。

日中は、チャットと電話とメールが飛び交い、少しながらアポもあって、深く集中状態に入り思考や作業に没頭するのが、物理的に難しい。スイッチを切ればいい、というのはなかなか難しい。自分が仕事のプロセスでそれら内を調べたり、発信する必要があるから。

1 ある程度外部要因で自分を制御したい
2 コアタイムに仕事している状態を作りたい
3 邪魔されず仕事に没頭したい 

以上を前提として、近頃は、以下のリズムで生活することを心がけている。

9時~ 1時間ぐらいベッドの中でスマホでできることを、ダラダラと。メッセージへの返信やニュース読みが主

午前 PCが必要な対応と、人に投げた後に打ち返し待ちがあるものを対応

午後 ミーティングと電話、動画みながら頭使わない作業系をダラダラ。それ以外の時間はどうせやる気でないので読書

晩飯 19時前にサクッと。家族とが多い

22時 風呂入ったり歯みがいたり家のことやったり。食後でどうせ落ちてるから何もしない

23時~28時 プライムタイム。集中して大事な作業と思考

 

仕事の成果は一定だとしても(おれの仕事は一定じゃなきゃおかしい)、自分の精神コストが低く感じるので、概ね成功している。