読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20161205_エクイティとフロー

早めに起きて、オフィスへ。暖かい。猿田彦でコーヒーを買う。スタンプが貯まっていたので割引かれる。たいした額ではないのだが、結構嬉しい。

市ヶ谷に行く日なので、正午ぐらいまでそれ以外の、フロー仕事を打ち返す。山手線から総武線に乗って、市ヶ谷へ。これぐらいの移動時間であれば、少々の考え事に丁度よく、あまり嫌ではない。一方ウィルスが怖いので、マスクをしている。昔から、吊革や手すりには、何だか触りたくない。

打ち合わせ2本と作業2時間をして、恵比寿に戻る。クライアントと会食し、23時頃帰宅、更にフロー仕事。

10社近い会社に、様々な関わり方をしている。大きく分けると、株式を保有する関係とお金を貰う関係とある。株式を保有しているプロジェクトの最も重要なことは、その株式の価値を上げて、最後実現させること。お金を貰うプロジェクトの最も重要なことは、お金をもらい続けること・その額を上げること・工数を減らすこと。これしかない。

株式会社の目的が株主価値の最大化であることを前提にすると、株主としての立場はその趣旨に合致している一方、業務委託や従業員には、若干の利益相反が見られる。もちろん長期的には、株主価値の毀損に繋がる外注先は切り捨てられることになるけれど、少なくとも毀損しない範囲内では、切り捨てられることはないがしかし、それが最効率である保証はない。

じゃあおれに株式を渡した方がいいかというと、そうではない。株式保有の有無に関わらず、最効率でミスが無いように取り組むから。株式の有無でその成果を変えるというのは、経営管理畑では、あまり想定されないのではなかろうか。一般的には。

株式を貰う代わりに安く業務提供をするというのは、会社にとってもおれにとっても十分にありえるオプションだろうけれどね。