読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#67_20160809_習慣を変える

結局自分を変えるというのは習慣を変えることと同義で、そしておれは自分を変えるのが好きなので、よく習慣を変える。

ここ半年のはやりはココナッツオイルコーヒーとランチサラダ、あとはスクワット、そして瞑想であった。そこに、先週からAmazonが定額読み放題サービスをはじめたことにより、乱読、というのが加わりそうだ。ここまで自由に本を読む機会を与えられたのは人生ではじめてのことで、この体験は非常に楽しい。おれは医者が書く脳や身体の本が大好きなのだが、一方で金を出して買う本は専門書だけで、従って本屋でちらと立ち読みするだけであった。嬉しい。

昨晩は朝方まで読書、軽く寝たあと10時には仕事場へ。Evernoteやメール、チャットが散らかっていたのでまず整理しつつ、イチロー3000本安打のインタビューを観る。日本語が母国語であることは、イチローのインタビューをダイレクトに理解できること、森博嗣の小説を原文で読めること、この2点のみを以って十二分に正当化できる。イチロー、あまりに素晴らしい。盲目的全肯定をしてしまう、数少ない対象。

ランチはアトレ西館4F、成城石井横。最近同じサラダを食べ続けている。いい量と質。ローストターキーとナッツが散らされており、それが良い。快適。

12時半からファンド案件。スリランカへの追加投資に関する、投資委員会の電話会議。基本的にスリランカ人とインド人が何か話しているが、聞き流しつつ資料を精査。将来数字の分析はおれのスコープ外と勝手に定義して、Valuation論理にミスがないか、ついでに投資実務のまとめを一人でチクチクと。新株発行のValuationをPBRでやる際、参照するPBRは当該TransactionのPost-PBRとの比較による、という部分にちょっと頭を使った。ちょっとだけ。スリランカは8月中に8つぐらいのTransactionを連続的に実行しなければならず、まぁまぁ不安がある。ひとつひとつ丁寧に対応させてもらえば(おれに)大丈夫なのだが、果たしてどれほどグリップできるのだろうか。できる範囲内でできることだけを、完璧にやることに、集中するしかない。他人は自分じゃどうにもならないのだから、完全に考慮外だ。最初の投資目的で設立した現地会社の清算プロセスの指示を現地メンバーへ出して、とりあえず今日はクローズでよかろう。

ミャンマー案件用の日本語チャットを見たら、現地駐在とファンドの社長が利息計算方法について不毛な空中戦を繰り広げていた。互いに中途半端な知識同士だからふわふわしている。少し整理してあげ、眺めていると、一定の結論に達したようだ。おそらくもう2転3転するだろうけれど、それもおれの管理不能領域だし、現時点での対応は無駄なコストが多そうだから、積極的放置。

公認会計士事務所のクライアントである、製造業の経営管理の流れがよくなってきた。やはり全ての根源に整理はある。整理が至極。整理最高。

社会の構成員は、それぞれの持場で、その範囲内で、全力で頑張ればいいのだ、そう思った一日だった。