読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#53_6月18日_異文化体験

珍しく国内出張中。大阪、ウェスティンで起きる。どうせ食べないので、朝食は予約時から抜いてあった。引続き、公認会計士仕事を1件。昼過ぎ、大阪で働く友人と、グランフロント地下のカフェで1時間程話す。起業家や海外帰り等のコミュニティが無く、なかなか友達ができないらしい。彼氏の方が簡単に見つかる、とのこと。なるほど。午後にもう一件仕事。土曜日の打ち合わせは、それを土曜日に開催しなければならない理由がある。夜はお好み焼きに連れて行って頂く。噂には聞いていたが、お好み焼きとご飯を一緒に食べる人をはじめてみた。たこ焼きとご飯は一緒に食べることはないらしいが、両者が異なる論理がわからない。

梅田・大阪駅界隈、よそ者にはダンジョンそのもので、全くどう動いていいかわからない。看板がない、道が狭く曲がっている、道ではなく空間を移動しないと目的に達せられない、阪急・阪神と名前が似ている、地下地上構造に加えて半地下等中途半端なレイヤ多数、とにかくやたら人と店が多い、等を理由としている。しいて言えば、有楽町の交通会館地下に若干似ているが、難易度は米国公認会計士試験と日本公認会計士試験程に違う。

街に、かわいいコが多い。恵比寿に住んでいるおれが言うのだから、信じて欲しい。原因不明。分析が必要。

ボーイッシュな女性が多い。横断距離が異常に短い信号付横断歩道が多い。キャッチの規制が厳しいのか歓楽街を歩いていると無料案内所前のお兄さんが目で訴えてくる。グランフロント裏手の広大な草原の所在なさ。飲食店の多さ。服屋の多さ。お好み焼き屋への行列。

雨がふらなくてよかった。珍しく、ベッドに入ってすぐに寝てしまった。分厚いバスローブが好きだ。このウェスティンはネットが遅い。しかし、周りに高い建物がなく、駅反対側のビル群が見渡せるので、眺望は、良い。

写真は、緑のやつ。小さいが、帽子のところまで顔が入っているのだろうか。構造が気になった。

 f:id:tsnagashima:20160619235051j:image