読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#37_5月31日_経営管理のベストプラクティス2016_目次

日々の仕事の中で、最も時間を使っているのは、ソフトウェアの開発とその勉強だ。一方、収益の大部分を占めているのは、会社の経営管理だ。会社の経営管理、これまでは、場当たり的に自分の手元で整理したり、都度クライアントへ展開したりしていた。体系的にまとめてこなかった理由は、自分で「最適だな」と思うプロセスがちょくちょく変わっていたため。(あと面倒だから。)それが近頃、収斂してきたように感じる。もちろん新しいサービスのローンチとその導入によって利用するツールは変化するかもしれないが、管理という業務が対応している要素それ自体は変わらないと思う。

また、ナガシマに経営管理を任せてくれている人々(クライアントだ)からは、ナガシマがやっていることの全容が見えていないように感じる。(おれ自身もドライブ階層構造以外、見えていない。)全体を体系的に整理し明示することで、第一に自分が仕事しやすくなればいいと強く感じるし、第二に誰かの役に立てばいいなと弱く感じる。
従って、ここで、経営管理業務をまとめようと軽いノリで決心した。

おれとしては、これが経営管理のベストプラクティスだ。仮に1日10時間の労働が認められるなら、監査対応が必要な平均社員数30名ぐらいの企業、10社位はおれ1人で対応することができる。実際は、仕事を絞っているし、おれはそんなに経営管理の労働をしないし、部下が2人いて、それぞれに効率的に振りながらやっているのだが。


以下がその目次である。特に何も参照せず、脳内を一気に吐き出した。継続的に修正していく。
今後、自分/他人のニーズに応じて、少しずつまとめていこうと思う。
(SPとは、Googleスプレッドシートを指す)

  1. 全般
    1. コミュニケーション
      1. プロジェクト_Slack
      2. 軽い連絡_FB
      3. 1も2もダメな人_メール
      4. 探りながらの交渉_電話
    2. 情報管理
      1. 全ての情報_GoogleApps
        1. 思想(検索・迷わず到着)
        2. 階層化
        3. タイトル
        4. その他(スター)
      2. 設計等情報_Qiita
        1. 思想(完全に伝える)
        2. 検索可能性(タグ)
        3. トップページからのリンク
      3. 個人ノート_Evernote
        1. 思想(脳の外注)/ 仕事の整理・知識の整理・思想の整理
        2. 階層化・二次利用可能性
      4. 個人メモ_DayOne
        1. 思想 (漏らさず記録) / 日々の思いつき
        2. 思いつきからクリックまでの動線を脳内に
    3. タスク管理_Trello
      1. 思想(そこに全てある)
      2. 生じたその瞬間に追加
      3. 階層化(ボード -> 列)
      4. 期限とアサイン
      5. テンプレ化
  2. 経理
    1. 全体像
      1. 思想(適時・完璧・可視化)
      2. フォルダ階層
      3. 情報の流れの概念図
    2. 金管
      1. 全体像
        1. フォルダ階層
      2. 銀行管理
        1. 解説
        2. 用意するもの
          1. SP_口座残高一覧
          2. SP_口座ごと明細 (アグリゲーションは薦めない)
        3. 具体的業務
          1. 開設〜やりとり(ネット銀行一択だが送金等業務が絡んでくる場合は都銀か)
          2. 週次でSPをアップデート
          3. 入金確認後、請求管理SPを更新
          4. 報告
      3. 資金繰
        1. 思想(事業遂行上最重要 / 最も保守的に)
        2. 解説
        3. 用意するもの
          1. SP_資金繰表_適時
        4. 具体的業務
          1. 過去分_銀行情報更新時合わせて更新
          2. 将来分_事業予測に合わせて適時に
      4. 小口現金
        1. 解説
        2. 無くていい理由(管理者が手元現金を用意しておいて、領収書と交換。その上で、当該管理者の経費精算時に乗っければいい。)
    3. 経費
      1. 全体像
        1. 図解による説明
        2. 2つの目的(会計と給与計算)
        3. フォルダ階層
      2. 用意するものと具体的業務内容
        1. 自己負担分
          1. 申請(MF経費 / SP)・精算
          2. 小口(SP)
        2. 会社負担分
          1. 小口 (SP)
          2. 法人クレカ(SP & アグリゲーション)
          3. 振込(SP & アグリゲーション)
    4. 請求
      1. 全体像
        1. TrelloとカレンダーとSP
        2. 売上・貸出利息・その他収益
        3. フォルダ階層
      2. 用意するもの
        1. Trillの業務雛形
        2. カレンダーに締め日
        3. MF請求書/GoogleAppsに雛形
        4. 請求管理SP
      3. 具体的業務
        1. 認識から発行
        2. 請求管理SPを更新・会計へ
        3. 入金確認後、管理SPを消込(MFでは一覧性と正確性に若干欠ける)
    5. 資産負債管理
      1. 全体像
        1. 償却資産・投資資産・調達負債
        2. 月次管理
      2. 用意するもの
        1. SP_償却資産まとめ
        2. SP_投資資産まとめ
        3. SP_貸出金まとめ
        4. SP_借入金・社債まとめ
      3. 具体的業務
        1. 認識の都度、更新
        2. 月次で、減価償却を実施
        3. 回収管理
        4. 請求書へ
        5. 資金繰と会計へ反映
    6. 会計
      1. 全体像
        1. 2つの会計(税務会計財務会計
        2. 思想(利用可能性、トレース可能性)
        3. フォルダ階層
      2. 用意するもの
        1. 管理業務で扱う全てのSP
        2. 整えたMFクラウド会計環境
      3. 具体的業務
        1. MFクラウド会計の設定
          1. 勘定科目と補助科目
          2. 部門
          3. タグ
          4. 仕訳ルール
        2. 仕訳の登録
          1. アグリゲーション
            1. 銀行
            2. クレカ
            3. MF経費
          2. csvUL
            1. 行明
            2. 小口現金明細
            3. 売上管理表
            4. 給与台帳(MF給与はアグリゲーション対応していない)
          3. 直接入力
            1. 貸出・借入・社債
            2. 為替
            3. 決算整理仕訳
          4. 留意点
            1. 摘要の記載方法 (関連資料と証憑との繋がり)
            2. 消費税
        3. 情報展開
          1. スプレットシート
          2. 外部用PDF
  3. 労務
    1. 全体像
      1. 月次と年次と都度手続き
      2. どこまで/だれがやるか、という問題
      3. フォルダ階層
    2. 用意するもの
      1. 就業規則
      2. 雇用契約
      3. 経理規程
      4. SP_入社時フォーム
      5. SP_メンバー一覧
      6. PP_組織図(第三者宛資料で使う)
      7. SP_給与計算 / 設定済給与計算ソフト
      8. 外注先社労士
    3. 具体的業務
      1. 月次
        1. 給与計算
        2. 保険料納付
      2. 申請・手続き
        1. 会社設立時
        2. 新入社員入退社時
        3. 補助金助成金
      3. 年末
        1. 年末調整
        2. 源泉徴収票送付
        3. 扶養等まとめ
  4. 財務
    1. 全体像
      1. 財務と経理の区別
      2. フォルダ階層
    2. 事業計画
      1. 目的(外部第三者の納得感)
      2. 思想(合理的夢物語 / 資金繰りとの違い)
      3. 用意するもの
        1. SP_財務モデル (使い勝手)
        2. エクセル_財務モデル(外部展開)
      4. 具体的業務
        1. 財務モデルを作る
        2. 過去実績を更新し続ける
        3. 過去実績に基づいて将来を変化させる
        4. 外部展開用に整える
    3. 資金調達
      1. 解説(それぞれの手法の概要)
      2. 手法(相手先、税務上の留意点、具体的実務、想定されるベストな状況)
        1. 第三者割当
        2. 転換権付社債
        3. 借入
        4. 私募債
    4. 新株予約権発行
      1. 解説(予約権の意味と趣旨)
      2. 手法(状況ごと選択肢、税務上の留意点、具体的実務)
        1. 有償
        2. 適格ストックオプション
        3. 非適格ストックオプション
        4. その他(信託スキーム、取得条項付等々)
    5. 監査法人対応
      1. 解説(監査法人に関すること)
      2. 入れるべき時期
      3. 選ぶ基準と適正な報酬
      4. 入ったら何が起こるのか
      5. 具体的業務
        1. 期中対応
        2. 期末対応
      6. 効率化のための留意点と思想(仲良くなるがコストは詰める)
    6. 上場準備
      1. 解説(上場準備に関すること)
      2. スタートする時期
      3. 上場に必要な人員
      4. 上場に必要な外部専門家
  5. 税務
    1. 全体像
      1. 税務の特異性(税理士以外だれも理解していない)
      2. 誰が/どこまでやるのか問題
      3. フォルダ階層
    2. 会社設立時
      1. 税務署・都税へ届け
    3. 期中
      1. 手続
        1. 源泉徴収
        2. 変更・新設
      2. 節税(どのように税理士に把握させるか)
    4. 期末
      1. 支払調書
      2. 申告(どのように監査に間に合わせるか)
  6. 法務
    1. 全体像
      1. 解説(法務のカバー領域)
      2. 誰が/どこまでやるのか問題(弁護士と司法書士
      3. フォルダ階層・分類(時系列・機関・最新)
    2. 用意するもの
      1. 法務書類・契約のテンプレート
      2. 法務手続のメニューとカレンダー
      3. 外注先の弁護士・司法書士
      4. 整理システム・SP_株主名簿
    3. 具体的業務
      1. 株主総会
      2. 取締役会
      3. 登記
      4. 契約管理(上場見据えるなら表面保証)
  7. 総務
    1. 全体像
      1. その他すべての業務
    2. 社内Wiki
    3. 重要事項Wiki
    4. その他
      1. 補助金
      2. エンジェル税制