Day10 大口申告とエンジニア

えげつない花粉症のナガシマです。もうこんな場所にいたくないので、3月下旬から2〜3週間、石垣島にいることにしました。これは決定事項です。誰がなんと言おうと。

朝から仕事場へ。寒い。この間Tシャツでうろついていたような気がしたけれど。雪の予報も出ている。マジか。かなり大口で複雑な個人の所得税申告を。株式譲渡の取得費の売却代金5%の特例は、ベンチャー起業家のエグジット時は結構使える点、注意だ。あとはやっぱり同年度にエンジェル投資やった方が、絶対にいい。こういった点も含め、顧問税理士とは確定申告の時だけじゃなくて、四半期に一回は会って、状況を話したほうがいい。1件請求書発行。イエイ。

いつもどおり、12時55分からの5分の間に、仕事場にエンジニア2人が入ってくる。正確。今日は週に1度のソフトウェア会議。

昼飯:シイタケ麺と小籠包(@ジンディンロウ_小籠包屋)仕事場の1Fに入ってる有名店。昼飯は千円で麺かチャーハンと、小籠包が3つついてくる。夜もデートでも飲み会でも全然イケる。デートだったら1Fじゃなく、B1の系列店の方が雰囲気がいい。1Fは明るすぎるし、隣の席がちょっと近すぎる。なかよしと並び、定番の店だ。

午後は楽しく話しながら開発を進める。各国の面白いサービス事情を分担して研究することになった。ナガシマはドイツ界隈担当大臣。

並行して、別の顧客の確定申告。医療費として出してもらってなかった歯医者からの領収書10万円分が、通常経費ファイルから見つかる。内容聞いたら医療費でいけそう、結果医療控除とれそうだ。やった。

今日はファンドの監査報告書日。担当の人と何回か連絡をやりとりして、出ないかも、出るかも、と行ったり来たり。最終的でいけそうです!とのこと。ま、良かった。本業務に関する一応の成果物だ。

来週から始まる、ファンドのSeriesAの第2ラウンドに関する書面のドラフト作りとスケジュール確認。できあがりを弁護士と司法書士へ展開する。慣れてきている。未だ、日本語/英語併記で作らされていることに違和感。おれも会社法の書類を英語で作れます!と自信もって言えるようになったから、その点は良かったんだけど。ま、いっか。

投資家の1人が、未だ募集決議もしてないのに振り込んだという連絡が入り、一応弁護士へ確認。問題ないっすそのままにしておいてください、とのこと。そりゃそうだ。

夜はいわゆるカメちゃんと友達の女性の二次会へ合流して赤坂で飲んだ。だらだらざっくばらんな話をえんえんと。よい。しかしアフターばっかだな。それでいいのかおっさん。

26時頃帰宅。駒沢通り、赤坂のビズタワー横から恵比寿まで、1回も曲がらない。2,000円ちょっと。意外と近いんだよな。