読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#66_20160802_「なぜウチの会計士は使えないのか」

「なぜウチの会計士は使えないのか」

経済社会における自分のポジション上、ベンチャー役員とかVCから、この質問を受けることが、本当に多い。単純な構造なのに、びっくりするぐらい多い。そこには、明らかな情報の非対称性があって、いつも説明を強いられる。面倒なのでメモ化してコピペで都度送っていたのだが、もしかしたらそんなに無価値ではないのかも…と感じたので、ここに公表します。

<ベンチャー企業に入ってくる会計士>
・多くが監査法人から転職してくる
監査法人では、監査だけをしている
・ゆえに、例えば以下のことをしたことが「ない」。 [財務諸表・仕訳作成 / 税金計算・納税 / Valuation・DD・財務モデル作成 / 営業 / プロジェクトマネジメント / GoogleAppsやSlack,Qiita,Trello等一般的仕事ツール利用 / 会計ソフトや税務申告ソフト、労務管理ソフト等専門仕事ツール利用 ]
・上司も部下も同僚も全員同じ環境の会計士

<ベンチャー企業で想定されがちな役割>
経営管理全般(財務・経理・労務・総務・法務)
・仔細は省略するけど、銀行/ファンドと交渉したり財務モデル起こして事業計画引いたり仕訳切ったり源泉税納付したり社保手続きしたり給与計算したり資料を整理格納したり経費申請プロセス作ったり登記したり組織決定の会社法書類整えたり

<結果どうなるか>
・できることと、現実との間のギャップに直面する
・結局、分割して専門家ごとに丸投げ(非効率・コスト増・存在意義△)
・結局、そのまま対応可能な人間に丸投げ(難易度高・存在意義△)
・結局、自分で非効率なまま全部やってどこかのタイミングで破綻or高コスト状態で最後まで

・結果、当該会計士も会社もハッピーじゃない

<どうするべきか>
監査法人直後の会計士の価値は、会計基準と内部統制に詳しいこと。細かい作業を根気よくミス少なくこなすこと。
・=上場準備担当者ポジション、IR担当者ポジションには向いている。経営管理全般の管理者や実施者ではない。ゆえに、参画は、上場が見えてきたSeriesB後ぐらいからが望ましい。
・共同創業者として、経営管理全般を任せたいなら、ベンチャー企業での経営管理(当然財務領域含む)経験のある会計士、もしくはFAS投資ファンドと税理士事務所への勤務経験のある会計士を発見する必要がある。
・しかしもちろんそんな人間は需要過多で枯渇しており、ゆえに高価格で、創業直後の低収入時代を甘受してくれる可能性が低く、従ってまぁなかなか見つからない。
監査法人直後ではなく転職を挟んでいる場合、そこで身につく実務能力を具体的に定義して、何ができるのか、を都度考えるべき。抽象的に経営管理〜とすると、監査法人直後の会計士を採用した場合と同じ問題に直面する。

以上。「00(上記ギャップ直面中)な状況なのだが、助けて欲しい」と言われ、ベンチャー企業内の経営管理担当会計士を、外注として指導したりするのだが、なかなかに両者不幸だなーと感じる。しかし、”枯渇している”のは、会計士業界の問題であって、会計士1人1人が自分の立場と経済社会における需給を把握して、RPGのレベル上げのように実務能力向上に努めるべきだ、と思うね。…短期的解決策を提供できずすいません。

#65_20160801_冷たい担々麺

9時過ぎに起きて、オフィスへ。アホみたいな青空、強い日差し。高校時代の夏休み、部活終わりの帰宅路を思い出す。

ファンドの監査対応のために、資料を準備する。改めて、多くの不備を発見してしまう。

1.カンボジア
4月に法的効力を発生させるための手続きを8月現在の今も、当局とアレコレやっている。大丈夫なのか、これ。仮に上場していて、四半期で財務諸表を発表しなければならなかった時、どうすりゃいいんだ。カンボジアの法整備の問題なので、たとえばSMBCのように、持分法適用関連会社を持っている会社も同じよな状態に陥ったと想像するが、果たして。徐々に精緻化する必要があるよなぁ。これ。

2.ミャンマー
過去投資分の資料入れておいた、と聞いていたが、全然ダメだった。実施者が、有用な資料と無意味な資料を判断する能力を持っていないことが原因だ。今月末に現地へ行く予定があるので、自分でやる。面倒だが、仕方がない。

3.スリランカ
遠隔で、新しい銀行口座を作ってもらったのだが、できました!と、口座番号だけが送られてきた。銀行名・支店名・SWIFT・口座名義・通帳情報・残高確認方法とか送金/着金のやりかたとか、一切連絡なし。本当、無駄にコストかかるよなぁ・・・。ついでにおれがS氏へ頼んでおいた書類、S氏はそれをスリランカに忘れていたことが、おれからの照会により発覚する。

相手が、忘れるであろうことを想定して仕事をし続けるのは、疲れる。おれが全部覚えて/記録しておかなければならないから。周りの人が持っているタスクも、自分が忘れたら忘れ去られるという前提で管理し続けるのは、本当、疲れる。

その他、更新しといてくれないかなと思った情報はそのまま、やっておいてほしいなと思った仕事は放置、各種見つかって、なかなかに心が折れるが、明らかにおれの期待しすぎなのだろう。バカばっかりだが、だからこそおれに経済的価値がつくのだ、と思って消化するしかない。もっと稼がないとその点正当化できないな…。

ファンドの財務分析を軽くやって監査チームへ流し、今日はおしまい。

夜に、事務所の税務クライアントから来た地方税の質問に対して、部下が質問内容をちゃんと理解せず、かつ同時に回答内容も間違えるという状況に横からカットインして対応した。

経済社会において、間違いってただのコストで、間違いが生じた時点で、その仕事における、その人間の存在価値は、完全に存在しないよな。連続的だから、合計ではプラスだろうけど、少なくとも、その仕事においては無価値。

昼に食べた担々麺(@龍天門_ウェスティン内)が美味かった。

 

 

#64_20160731_バタバタと日曜

10時ごろ起きて、自宅から徒歩5分のところにある、別邸へ。地方から来ている友人へ4日間貸している。会う予定はなかったのだが、誕生日プレゼントがあるということで、頂きに行く。2ヶ月前に子供が産まれたとは聞いていた。ベッドに寝そべっているところを見た。2ヶ月とはいえ思いの外動きまわるのだが、と思った。2つ年上の友人は、子供を産んで綺麗になったな、感じた。おれの好みの問題かな。

軽く楽しく談笑した後、30分ほどで駅前に戻る。個人事業主繋がりというか、緩い仕事仲間と久々に会って、ランチ。”生きていくための日銭を稼ぎつつ、どうやってエグジットや拡大を志向できる起業プロジェクトを起こすか”という点について、引き続き考えているらしい。誰か良い共同経営者を見つけるのが一番だと思う。

昼食_ つばめグリル

一緒にオフィスに戻り、部下を呼んで、部下が経営している(外注で)ロボットベンチャーのプロジェクトの話をしてもらったり、おれが緩く考えている物販プロジェクトの話をしたり。

最近意図してあまり人に会わないようにしていたのだが、人に会う時間を制限しても結局集中して実務に従事できる時間はあまり変わらないような気がしてきた。別に会ってもいいかもしれない。

午後はファンドの経理と、ロボットプロジェクトの経営相談。思うところ多数。とりあえず、ちゃんと考えるに越したことはない。全て論理的に考えた上で、最後にサイコロを振るべきだ。プロジェクトの利益と自分個人の利益が相反するとき、それを全体に明らかにした上で、その状況を改善するか、できなければ自分の利益を優先するべきだ。優先順位が大事だ。後段に影響を与えることは、まず対処するべきだ。順序を間違えることで生じる無駄工数を侮ってはいけない。

まぁ、整理だよな。終わり。

#63_7月19日_無感情に仕事を進める

起きて、サラダとクルミをアトレで買って、オフィスへ。日差しが強く、暑い。

8月の出張2つ、9月のゲスト来日に関するスケジュールやホテル、移動方法について対応する。Amexコンシェルジュに投げつつ、自分でHotels.com等で検索、移動方法は現地業者とホテルを並行に比較。すべてちゃんと準備するに越したことはないので、当然にちゃんとやる。

8月前半の国内出張は、ホテルが高く移動も混みそうだから、中止にした。

飯食いながらメールとチャットを打ち返しつつ、郵便物を捌く。暑中見舞い申し上げます、というハガキがちょこちょこ来るが、本当に趣旨がわからない。全く。カルピスを送るのは、わかる。プレゼントは当然に誰もが嬉しいものだ。

午後、ちょっと重たい系の面談、2.5時間。労務系。話をちゃんと聞いて、事実だけ抜き出して、抽象化して、双方の言い分ごとに並べて、コトの決定権を決めて、判断していく、という作業を繰り返せば、概ね解決するのだが、それをやる人は少ないよね。

あと、みんな自分が悪者になりたくないから、直接的な表現をしない。会社にとって役に立たない人間だったら、そうはっきり伝えるべきだ。上役が気に食わなかったら、はっきりと本人にそれを言うべきだ。互いにそれを回避するから、コミュニケーションロスと認識不一致が生じ、結果当該企業の株主価値は毀損する。至って自明だ。まぁ結論、必要な署名押印を2つもらえたので、おれの仕事は完了。

両者へコメント(アドバイス?)を送ることも一瞬考えたが、面倒なのでやめておいた。どうせ実行されないだろうから。

かなりの量のPDFが生じたが、これは木曜アシスタントにやってもらう。

夕方はソフトウェアのデザイン修正対応。デザインの修正中に仕様の修正も見つかるから、Qiita側も編集。なかなか骨が折れるが、まぁやるしかない。Editした状態のデザインもデザイナからもらわなければならないってのがいつも落ちてしまう。

法人の税務申告はこれまで、仲間の税理士法人へ投げていたが、色々あって今年から自分でやることにした。ので、税務ソフトをいよいよ購入した。法人税/地方税・消費税・概況書で年間8万円。高い。引く。当然にWindowsのみDL型。クソ。しかしおれがどう精神的コストをくらったところで結果に何ら影響を与えないので、粛々とやるしかない。クレカで購入できないので、銀行振り込みとのこと。NTT-Dataのパッケージソフトだぜ。マジかよ。フィンテック支援!とかやる前に、そういうとこじゃねーの。

晩飯は空いてたのでシェイクシャックに行った。マックの上位互換的バーガーだが、おれは別にマックでいい。

オフィスに戻って9月のゲスト来日のプラン作り。

続いて、ファンドの法律資料作り。カンボジア中央銀行から、カンボジアの金融機関への追加出資に際し、色々と資料提出を求められており、それを作る。法律英語をまともに勉強したことはないが、手元に大量の事例があるので、それを組み合わせればなんでも作ることができるのではなかろうかという状態。まぁ、それも元々日本語で作れる法律能力はあることが前提なのだろうが。

しかしスリランカの銀行から連絡こねーな。止まってしまっている。ホント、そういうアドミ面の能力が低く、仕事が効率的に進まず、従って経済的損失が大きい。国の発展て、そういうビジネス文化の改善が最も重要な要素なんじゃねーの、って思う。

 

 

 

#62_7月19日_精神的転換

スリランカへの出張が入ったことにより、日記を書く習慣が途絶えてしまった。運動や食事の習慣も、出張の都度変わってしまうことがある。精神コストを消費する環境に身をおくと、身体がセーブモードになって、必要なことしかやらないようになる。その過程で除外されたまま、なんとなくハードルが上がってしまうのだ。

スリランカから帰ってきた2日後から国内出張に行っていた。戻ってソフトウェアと製造業の管理会計、ファンドの法律実務で時間が過ぎていった。なかなか驚愕の忙しさで、心の底から仕事をしたくなくなった。

少し、マインドセットを変えた。今までは、やりたくないときはやらない。やりたくないことはやらない。と決めていた。今後は、自分の感情にかかわらず、やる必要があることをやり続けることにした。抽象的に1文で書くとアホみたいだが、おれにとっては悟りを得たといっても過言ではないほど、重要な精神的転換だ。

自分の感情にかかわらず、やる必要があることをやり続ける。

 

 

#61_6月26日_ダラダラと過ぎた日曜日

日曜。くもり。特に前日遅くまで起きていた認識はないのだが、気づいたら11時過ぎだった。Mちゃん(義理の妹)が一緒に仕事をしたいとのことなので、仕事場で作業。といっても全然違う仕事なので、特に会話もせず淡々と時間が過ぎる。神座の冷やしラーメンの話をしたところ、旨そうだ、食べたい、と言うので食べに出る。Mちゃんは現場に着くと、普通のラーメンを頼んだ。

夕方、銀座に買い物に行くと言って出ていった。早い時間から行くと、ショッピングに時間をかけすぎてしまうため遅い時間に出発するらしい。自分の感情コントロール能力を過信しない、良いアプローチだと思う。

指定の晩飯を買って帰宅。おれは昨日買ってあった水餃子。これは鍋で茹でる必要がなく、電子レンジで完了するようだ。便利。

NHKのドキュメンタリーで、諏訪湖の祭りの話をやっていた。本人たちが楽しんでいるので全くそれを否定するものではないが、そういうもので道路規制をしたり、もしくは税金をかけたりするべきではないと思う。特定の宗教における特定の人たちの喜びに過ぎない。

この夜は、なんでかわからないけれど、珍しく深い眠りだった。

 

#60_6月25日_特に何もない土曜

土曜日。曇り。昨晩はキングダム(2周目)を読んでいて朝になってしまった。番外編で、いつか商鞅の時代もやってほしい。

汐留のコンラッドでランチの予定、山手線だと新橋から遠いし、大江戸線だと六本木の乗り換えが面倒なので、タクシー。20分ぐらいで着く。早い。中華、6人で10万とのこと。自分の金じゃ絶対こないな・・・。

金木犀のお茶を頼んだら、東南アジアのホテルロビーの匂いがした。なるほどそういうことか。

銀座を少し歩く。土日の銀座は久々。噂通り外国人ばかり。看板がそのマーケティング目的に寄せているのか、全体として雰囲気が大陸的だった。良いとも悪いとも思わないが、そういう場所を観光して外国人は楽しいのかな。

帰りに成城石井で調理が必要な水餃子を衝動買いしてしまった。これいつどうやって食べるんだ?

ベイスターズの大逆転に間に合う。気分がいい。晩飯はどうしてもピザが食べたかったので、パルテノペ。フォークとスプーンを布で拭く作業を店員がしており、それが非常にうるさかった。よくわからない世界だ。

Mちゃん(年上の義理の妹)が、髪の分け目を逆にしていた。かわいかった。分け目でかなり変わるんだな。

執拗にスクワットをして今日は終わり。1番のストレス解消は、仕事に没頭することなんじゃないか、と思ってきた。没頭、というのが大事なところで、それは1人で、他人に邪魔されず集中することだ。